福田 康亮 Kosuke Fukuda

経歴

広島県福山市出身
九州大学法学部卒業
岡山大学大学院法務研究科修了
司法試験合格
弁護士登録(福岡県弁護士会)
 
  fukudas.jpg
 

出身地等

私は高校までを福山で過ごし、大学を福岡、大学院を岡山、司法試験合格後の司法修習を長崎で過ごし、現在、久留米で生活しています。各地域を転々としているためか、各地域の特徴が生活していると何となく見えてくることがあります。現在は、久留米の方々の出遭いを大切にしつつ、日々新たな発見を探しています。
 

久留米の皆様へのメッセージ

(1)相談することは恥ずかしいことではありません

 私の弁護士としての目標は、法的紛争を抱えている個人一人々々と向き合い、少しでもその負担を軽くするお手伝いをすることです。なにかトラブルに巻き込まれた時、すぐに自分で対処できる方や家族友人に相談できる方もいるとは思いますが、中には怖い、恥ずかしい、迷惑が掛かるなどといった感情が働いて誰にも相談できず、抱え込んでしまう方もいると思います。そんな方は、ぜひ弁護士に相談して下さい。私たちには守秘義務があり、決して外に漏れることはありませんし、相談内容について、笑ったり、迷惑であると思ったりすることもありません。ご自身で、それが法的なトラブルであるか判断できなくとも構いません。私たちができるのは法的解決手段を検討し、導き出すことだけですが、一度相談にきていただければ、何か法的な解決の糸口を見つけられるかもしれません。

(2)法的トラブル=病気

 法的トラブルについてイメージできないという方は病気と同じように考えてみて下さい。熱がでたら病院に行く。熱が出てもよっぽどでないと病院には行かない。年に1回健康診断に行くだけ。3ヶ月に1回は定期検診に行く。人によって病院へ行く理由や頻度はさまざまあると思いますが、いずれにしろ早期発見、早期治療が一番です。何が原因か分からないがなんとなく体調不良だから病院へ行くという方や、決まった頻度で定期検診に行く方がいるように、少しでも不安がある方は、相談にお越し下さい。それにより大きな紛争を防ぐことができるかもしれません。

(3)最後に

 法律というのは月日が流れると変わっていきます。この変化を見逃さず、よりより法的サービスを提供し、少しでも皆様の不安を取り除けるよう努力して参ります。

 
 

他の弁護士の紹介はこちらから

弁護士 椛島 修 弁護士 竹田 寛 弁護士 松﨑 広太郎
弁護士 大野 智恵美 弁護士 泊 祐樹 弁護士 福田 康亮
弁護士 田中 久仁彦 弁護士 松本 圭史 弁護士 寺川 忠幸
弁護士 満 理奈子 弁護士 渡部 裕太郎  

相続・遺言に関することならお気軽にご相談ください

 

 

 

相続に関するお問い合わせ・ご予約はこちら 0942-39-2024 平日 8:30~17:00(夜間・土日祝応相談)

相談予約はこちら


●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス
●解決事例 ●遺産分割 ●遺留分減殺請求 ●遺言の書き方
●相続の相談を弁護士法人かばしま法律事務所にすべき6つの理由