遺言書を自分で書きたいのですが、どうしたらよいですか?

IMG_4887.JPGのサムネール画像  
遺言を残したい人が、自分自身で作成する遺言を、自筆証書遺言といいます。

自筆証書遺言は、遺言書を残したい方が、遺言書の全文・日付・氏名を自身で書き、これに押印をすれば、成立します。
自分自身で遺言書を書かなければいけませんので、ワープロにより遺言書を作成しても、その遺言書は無効です。また、DVDで録画する方法で遺言した場合であっても、無効です。

このように、自筆証書遺言を残す場合には、遺言書を作成するときに、自書をする能力がなければなりません。

もし、病気などにより、文字を書くことが困難である場合には、公証人が作成する公正証書遺言によることが無難です。(文責:竹田寛)

相続・遺言に関することならお気軽にご相談ください

 

 

 

相続に関するお問い合わせ・ご予約はこちら 0942-39-2024 平日 8:30~17:00(夜間・土日祝応相談)

相談予約はこちら


●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス
●解決事例 ●遺産分割 ●遺留分減殺請求 ●遺言の書き方
●相続の相談を弁護士法人かばしま法律事務所にすべき6つの理由