入院費や治療費を支払っても相続放棄はできますか?

IMG_1512.JPGのサムネール画像  
被相続人が死亡するまで入院していた病院の入院費や治療費について、お世話になった病院には支払いたいけど、相続放棄をするには、これも支払ってはいけないのでしょうかという質問を受けることがあります。
 
基本的に、被相続人の債務を弁済してしまうことは、処分行為として単純承認したものとみなされる可能性があります。

しかし、被相続人の財産ではなく、相続人の固有財産(相続人名義の預金など)から、被相続人の債務の一部を弁済した行為について、相続財産の一部を処分したことにあたらないことは明らかであると判断した裁判例があります(福岡高等裁判所宮﨑支部平成10年12月22日決定)。

この裁判例に従えば、被相続人の債務であっても、相続財産に手をつけることはなく自らの固有財産で弁済をした場合には、相続放棄が認められる可能性が高いといえます。

ただ、相続放棄が認められるか否かについてはケースバイケースのところもございますので、被相続人の債務を弁済してもよいか判断に迷われたときには、弁護士に一度相談されることをお勧めいたします。
 

相続・遺言に関することならお気軽にご相談ください

 

 

 

相続に関するお問い合わせ・ご予約はこちら 0942-39-2024 平日 8:30~17:00(夜間・土日祝応相談)

相談予約はこちら


●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●アクセス
●解決事例 ●遺産分割 ●遺留分減殺請求 ●遺言の書き方
●相続の相談を弁護士法人かばしま法律事務所にすべき6つの理由